バリアートショールーム オーナーブログ
2013.7.1

こだわりの彫刻額縁できました

こんにちは、坂本澄子です。

絵はお部屋を素敵に演出してくれますが、その絵を何倍にも引き立ててくれるのが額縁です。「バリアートショールーム」では届いたその日に飾っていただけるよう、それぞれの作品に合った額装付きでお届けしています。

木彫り額縁バリと言えば木彫りの彫刻が有名ですが、それを額縁に取り入れたいと以前から模索していました。バリは湿度がかなり高いため、日本に持ってくると生木が反ったり、接合部に隙間ができたりと、その美しさを長く保つことが課題でした。この度、この道10年の現地パートナーのお力を借りて試作を重ね、ようやく満足の行くものができました。額縁用に防湿、防虫加工された無垢のニャント材を使用することでこの問題を解決し、熟練した職人さんにお願いして手彫り彫刻を施しました。塗装と研磨を何度も繰り返し、飴色の上品な風合いに仕上がっています。

厚みもしっかりあり、7cm幅タイプで3.5cm,5cm幅で2.5cmと強度も申し分ありません。接合部もきっちり合わさっています。反射を防ぐためにアクリル板は装着していません。アクリル絵の具は乾くと不溶性なので、水を含ませたやわらかいスポンジで優しくなで洗いしてホコリをとるだけでお手入れも手間要らずです。通気性と軽量化の理由から、裏面のベニアは付けずに仕上げています。

額縁厚み額装裏面

RAJIG作「5月の日曜日の朝に」額装例をご紹介します。写真は花鳥画アーティストのRAJIG作「5月の日曜日の朝に」。作品全体が画面から飛び出すような構図で描かれているので、マットは使わず、金のライナーだけで7センチ幅の彫刻額縁を直接使用しました。主張しすぎず、絵をしっかりと包み込み、重厚感を出しています。映画やドラマでいい味を出してる名脇役がいますが、まさにそういった存在ですね。しかも、この作品、野鳥の描写がすばらしいのです。極細の竹筆を使用して丁寧に一本一本の線を描いているため、ふんわりした柔らかさと翼の部分の力強さの違いがとてもよく表現されています。くわしくはこちらを見て下さいね。

 

コメントをどうぞ

2013.6.2

バリ絵画展「緑に抱かれる午後」案内状できました

2013年7月10日(水) 〜15日(月祝) パレットギャラリー麻布十番にて、バリ絵画展「緑に抱かれる午後」を開催します。ちょうど夏の盛りを迎える季節、懐かしい心の夏休みの風景を思い出していただければと思い、風景画、花鳥画を中心に集めました。展示作品の一部を掲載中

13日(土) 17:00〜18:00でギャラリートークを行います。バリで撮った写真を見ていただきながら、作品解説や作家とのエピソードの紹介、さらには私がウブドに魅せられた理由などをお話したいと思っています。終了後は続いてパーティを開催します。飲み物とおつまみを準備してお待ちしておりますので、どうぞお誘い合わせの上お越し下さい。

                     バリアートショールーム代表 坂本澄子

バリ絵画展#2案内状

コメントをどうぞ

2013.5.31

新作続々入荷中! 花鳥画11点を公開しました

バリ絵画展「緑に抱かれる午後〜Deep into the Forest〜」に向け、風景画、花鳥画の新作を続々入荷中です。まず第一弾の11点を公開しました。

ご注文は今すぐできますが、お届けは絵画展終了後となりますことをご了承下さい。

◆◆EBEN作品◆◆ 4月の絵画展で好評だったEBEN氏の作品。色々なサイズを取り揃えました。EBEN作品3連

  EBEN作品をもっと見る

◆◆RAJIG作品◆◆ 日本画に影響を受けたというRAJIG氏の描く熱帯花鳥画の世界。RAJIG作品

  RAJIG作品をもっと見る

◆◆GAMA作品◆◆ 睡蓮をモチーフにした作品。直感的な色使いは是非原画をご覧下さい。GAMA作品

  GAMA作品をもっと見る

コメントをどうぞ

2013.5.11

【7月開催決定】バリ絵画展「緑に抱かれる午後」

こんにちは、坂本澄子です。東京では時折初夏の陽気を感じるようになりました。皆さんの街はいかがですか?

ブログ17絵画展#2イメージ画次回バリ絵画展の開催が決定しました。7月10〜15日の6日間、場所は前回と同じパレットギャラリー麻布十番です。今回のテーマは「緑に抱かれる午後〜Deep into the forest」、イメージ画にするとこんな感じです。よく見ると緑にも様々な表情がありますが、全体として深い森をなし、生命を包み込んでくれる優しさ、そして力があります。そんな想いを込めました。そのイメージにぴったりの作品を今日から2週間バリに行って見つけてきます。私たち日本人にとっても馴染みやすい風景画、花鳥画を中心に構成するつもりです。

 今回のバリ行きの目的は2つ。

ひとつは、ウィラナタ(WIRANATA)さんと初めて一緒に仕事をすること。シュピース・スタイルで、姉のGALUHさんと並ぶ実力と評価を得ている画家ですが、GALUHさんが繊細な描写を得意とするのに対し、大胆な構図と斜光を用いた作風が特徴です。以前からお願いしている棚田の風景の制作状況を楽しみにしています。ちなみにGALUHさんは4人兄弟。WIRANATAさんは上の弟さん、「バリアートショールーム」に作品掲載しているKEPAKISANさんは下の弟さん、一番下が妹さん、全員がシュピース・スタイルの画家です。

もうひとつは額縁。実は4月の展示会で、額縁に対するご要望を色々とお聞きしました。特に風景画や花鳥画には木の風合いを生かしたものや、作品と一体をなすような彫刻が施された額縁が合いそうとのお声を多くいただきました。バリは美しい彫刻があることでも有名なのですが、湿度の違いがあるため、その美しさが長く保てるか、また日本でメンテナンスできるかが課題です。試作品を見て検討を重ね、今度の展示会で皆様にご紹介できるレベルまで持っていきたいと考えています。

バリでの様子は、バリ日記としてブログでご紹介していきますね。では、行ってきます。

コメントをどうぞ

2013.5.5

5/5-6 GALUH新作鑑賞会やってます

こんにちは、坂本澄子です。

とても爽やかお天気になりましたね。ケン(フレンチブルドッグオス2歳)と散歩に出掛け、清々しい朝の空気を胸一杯に吸い込んできました。

GALUH「早暁の静謐」 油彩/キャンバス 40cm×60cm

GALUH「早暁の静謐」
油彩/キャンバス 40cm×60cm

さて、清々しいと言えば、GALUHの幻想風景画。朝の神々しいばかりの風景を描いた新作が届きました。写真ではお伝えし切れないのですが、手前の木や草に朝陽の照り返しが暖色の絵の具を使って描き込まれており、それがこの絵に温かみと朝の凛とした雰囲気を与えています。

ぜひこの原画の素晴らしさをご一緒に愉しみたく、鑑賞会を企画しました。今日、明日の二日間だけの特別鑑賞会です。GALUH作品3点、実弟KEPAKISAN作品2点を展示しています。ぜひ有明ショールーム(ビックサイト近く)までお立ち寄り下さいね。見どころは何と言っても「黄昏の静謐」と「早暁の静謐」の2つの幻想的な風景の対比です。早朝と夕刻、明らかに空気の違いが感じられます。ぜひ原画を見て味わって下さい。ご希望により、サイト掲載の他の作品もご覧いただけますので、ご予約時にお申し付け下さい。

GALUH鑑賞会予定

6日午後はまだ空きがあります。朝9時までにcontact@balikaiga.comまでご予約メールをお送りの上、お気軽にお越し下さい。

会 場:有明ショールーム(りんかい線国際展示場駅徒歩13分、東京都江東区有明1丁目2−11)※ご予約いただいた方には地図をお送りします。

コメントをどうぞ

2013.4.29

【5/5-6特別鑑賞会のご案内】GALUH新作「早暁の静謐」

こんにちは、坂本澄子です。

待ちに待ったガルーの新作「早暁の静謐」がついに完成しました。夕刻の淡い光を扱った「黄昏の静謐」と好対照をなす作品です。現在バリからの移送中ですので、私自身も現物にはまだお目にかかっていないのですが、現地スタッフの言葉を借りると「遠景が柔らかな色彩と輪郭で描かれていて、写真よりもさらにふんわりとした印象」とのこと。

ガルー「早暁の静謐」油彩/キャンバス、作品サイズ40cm×60cm ニャント材のシンプルな木製額縁に入れてお届けします。(販売価格:500,000円税込み)

ガルー「早暁の静謐」油彩/キャンバス、作品サイズ40cm×60cm
ニャント材のシンプルな木製額縁に入れてお届けします(販売価格:500,000円税込み)

ところで、「早暁」と「黄昏」の2つの風景を並べて見ることのできる絶好の機会であることに気づきました。 そこで、特別鑑賞会としてガルー幻想風景画の世界「二つの静謐」を5月5日、6日の2日間限定で開催致します。ゆっくり鑑賞いただけるよう予約制とさせていただきますので、下記の実施要領をご参照の上、前日までにcontact@balikaiga.comにご予約の上、お越し下さい。また、ご希望によって当サイトでご紹介している他作品を見ていただくこともできますので、ご要望事項としてお書き添え下さい。ガルー特別鑑賞会のご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

2013.4.19

バリ絵画展「青い海を描かない作家たち」始まりました

こんにちは、坂本澄子です。今日から3日間、パレットギャラリー麻布十番でバリ絵画展を開催しています。朝11時のオープンから多くの方に足を運んでいただき、大変感謝しています。

皆様、是非覗いてみて下さいね。絵画展写真

コメントをどうぞ

2013.4.18

ホームページをオープンしました

本日、バリアートショールームのホームページをオープンいたしました。(こちらのサイトです) topバリアートショールームにて厳選した画家たちをご紹介し、彼らの作品がサイトから直接ご購入いただけます。 また、特集記事や展示会の情報など、詳しい情報はこちらでご案内しております。 バリ絵画の代表的なスタイルや歴史など、バリ絵画にまつわるお話も掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

コメントをどうぞ

2013.3.11

Facebookページを開設しました

バリアートショールームのFacebookページを開設いたしました。

Facebookpage

絵画展の情報や絵のみどころ、バリ絵画のスタイルの解説など、バリ絵画に関する様々な情報を随時掲載していますので、Facebookをご利用の方はぜひ「いいね!」をしてニュースフィードでご覧になってください。

バリアートショールーム - Facebookページ

コメントをどうぞ

2013.3.3

オーナーブログを開設しました

4月下旬のサイトオープンに先立ち、2013年3月2日にバリアートショールームオーナーブログを開設いたしました。

ownerblog展示会の詳しい情報や、バリでの体験、アーティストさんのお話など、バリアートショールームに関する話題をブログらしい語り口調でみなさんにお届けします。

こちらは週2回程度の更新を目指して書いておりますので、ぜひ繰り返しご覧になってみてください。

こちらのブログにしか書いていない情報もありますので、お見逃しなく!

コメントをどうぞ

11 / 11« 先頭...7891011